×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。










ある森の中、一軒のおうちがありました。
そこには猫のあぺりらが住んでいました。








「うう…さむくなってきたにゃぁ」








「もう12月だにゃ。暖炉のまきも準備したし、冬毛ももふもふにゃ。
あとは・・・そうにゃ、クリスマスツリーがないにゃ!」








クリスマスの準備をしていなかったことに気がついたあぺりらは、
近くに住んでいる、くまさんのおうちを訪ねにいきました。

「くまさん、こんにちはにゃ」
「おやあぺりらちゃん、こんにちは。もしかして、そろそろあの季節かい?」
「そうにゃ、今年もよろしくにゃ」








ツリーになるもみの木を求め、くまさんと連れ立って、
森の奥深くへと歩いていったあぺりら。

「このもみの木なんてどうだい?」
「ちょっとおおきいかにゃ」
「あぺりらちゃんは小さいからなぁ。じゃあこっちはどうだい?」
「うん、これならちょうどいいにゃ」

くまさんはもみの木を折ると、軽々とあぺりらのおうちに運んでくれました。

「くまさんは力持ちですごいにゃ」








おうちへ帰る途中、きれいな赤い実がなっているのを見つけました。

「きれいな赤い実だね、これをツリーの飾りにとっていこう」
「でも届かないにゃ…」
「どれ、抱っこしてあげよう」








あぺりらのおうちに着きましたが、体の大きなくまさん、
小さなあぺりらのおうちには入れません。
背中を丸めて腕をのばして、ツリーを部屋の中にいれてくれました。








「いつもありがとうにゃ」
「いいんだよ。くまは力持ちだからね、できるものができることをやればいいのさ」
「これ、ちょうど昨日作ったキプフェルにゃ」
「わあ!いいのかい?」
「くまさんにはほんのひとくちだと思うけどにゃ」
「最高のひとくちさ!」




こうして、あぺりらのおうちにツリーがやってきました。
次はツリーの飾りつけです。




ep.2につづく




























TOPへもどる

Copyright(c)2016 Laura. All rights reserved.